壁にぶつかったギタリストのための奥の手

まーしーです。

今回は、

真剣に練習しているのに

なかなかギターが上達しなくて

困った時の対処法

についてお話しします。

最近ギターを始めてから

進歩がありましたか?

あのアーティストの曲が

弾きたくてギターを始めてみたけど

全く弾ける気がしない

練習が思っていたより

地味で楽しくない

私にはギターは

向いていないのではないか

そう思ったりしていませんか?

いわゆるスランプ状態に

陥っていませんか?

私もこんな状態に

何度もなりました。

たまたま地元のライブハウスで

自分より年下の高校生バンドが

自作の曲で

演奏しているのを見た時です。

それは見事でした。

自分だったら

あんなフレーズ絶対弾けない

しかもあのギタリスト

自分よりも3つも年下なのか

それに比べて自分はなんだ。

ありきたりなフレーズしか弾けないし

そもそも早弾きなんて絶対無理

そんなことを

思っているうちに

自己嫌悪する癖が

ついてしまいます。

そして、

ギターを弾く楽しさ

弾けることの嬉しさや

達成感が感じられなくなり、

モチベーションが

下がってしまいました。

練習しても全く上手くならないし

練習の仕方間違ってるのかな

と不安に思っていました。

まーしー最近全然サークル

来ないやん!どうしたん?

サークル辞めたらあかんで!

と、サークルの先輩からも

心配されはじめました。

しかし、

ある奥の手を使うと、

このスランプという地獄から

抜け出すことができるのです!

なかなか抜けられなかった

不安や劣等感から抜け出し

少しずつ調子を取り戻して

行くことができました。

サークルの先輩からも

まーしー元気取り戻してるやん!

てっきりもう辞めちゃうの

かと思った!よかった!

こんな感じで

心配されることはなくなりました。

あなたもこのやり方で

スランプから抜け出せます!

不安や劣等感を吹き飛ばし、

立ち直ることができます。

逆にこれを知らないと

いつまでたっても

不安と劣等感を抱えたままで

押しつぶされてしまいます。

いつしかギターに対して

やる気が出なくなり、

ギターが物置になり捨てることも

それから

一度憧れたギタリストには

二度となることはありません。

こうはなりたくないですよね?

心の底からギターを楽しめる

充実したギタリストになるためには

この方法を実行してみてください。

では本題に入りましょう。

その方法とは、

開き直ること

です。

スランプという状態に陥ると

考えれば考えるほど

負の連鎖がのしかかります。

どんどん弱気になるばかりで

悩みが尽きません。

ここは思い切って

開き直りましょう!

伸びないからといって

ギターが下手になることはない!

そう思ってひたすら

練習してください。

スランプに陥るのは

ギターが上手くなるために

頑張っている証です。

決してあなたの努力が

無駄だったことはありません。

経験曲線という言葉を

知っていますか?

初めは順調に努力と

結果が比例して思うように

成果が得られますが

ある程度伸びると

結果が努力の比に

合わなくなってくるのです。

これがスランプです。

人によって悩みの度合いは

異なりますが

どんなに凄い人でも

一度はスランプに必ず陥るのです。

しかし

毎日少しずつでも

練習を繰り返すと

ある時から急激に

伸び始める時期が

必ずといっていいほど

来るのです。

今はこれといって弾ける曲の

難易度も変わってないし、

とても成長しているようには

感じないでしょう。

ギターこそ、

学校のテストのように

数字では出ません。

数字では出ないからこそ、

伸びというものは

分からないものです。

しかし、

繰り返し練習していると

体はギターの弾き方を

確実に覚えていきます。

着実に実力はついてきているはずです。

経験は嘘をつきません。

スランプから

抜け出すためのポイント

ネガティブな考えをやめる。

日の練習を怠らない。

絶対上手くなるという

強い気持ちを持つ。

この3ポイントを守ることで

あなたは絶対に

このスランプから抜け出せます!

大丈夫です!

あなたならできます!

ある時必ずグンと伸びて来ます!

今すぐ、

諦めないでとりあえず

ギターの練習を続ける!

と3回復唱してください。

そしてスランプを乗り越えて

最強のギタリストになってください!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。